\この夏最後!/
2021年7月18日(日)
@東京 早稲田
15:30〜20:30

小袖ドレスとは?

小袖ドレスは、大谷ゆみこが考案した、日本文化を軽やかに楽しめる新しい和のファッションドレスです。ひも2本と細帯だけで簡単に着られて、苦しくなく、女性らしいしなやかさと、かわいさがあります。 格式や権威、過剰な慣習ルールなどの枠を全く取り払って、日本の織りと染めの素晴らしさを身にまとうことを楽しみます。

\カンタン、楽ちん!/
小袖ドレスの特徴

■丸袖

■細帯

■対丈で、おはしょりがない

身八つ口(胸脇)と、振り(袖脇)が開いていない

■女性らしいシルエット

■生地はシルク(または麻)

■ゆれるストールやピアスを一緒に楽しめる、自由さ


小袖ドレス着用のツールはこれだけ!
自分で着られます。

*Tシャツ襦袢
*腰ひも2本
*足袋靴下(または足袋)

小袖ドレスdeブレイクスルーWSは、
小袖ドレスを体験、
購入できるワークショップです

自分が着てみたい小袖ドレスを自由に体験できるほか、考案者のゆみこや他の人が選んだ、いつもなら選ばないタイプの小袖ドレスを着てみる体験が、あなたの新しい魅力に出会わせてくれます。

ワークショップは
こんな方におすすめです

  • 小袖ドレスで新しい自分の魅力に出会ってブレイクスルーしたい方、セルフイメージを上げたい方
  • ひも2本で着られる小袖ドレスを体験してみたい方
  • 日本人として、日本女性として、自信をもって、凛と生きたい方
  • 日本文化の素晴らしい技やセンスに触れてみたい方
  • ファッションセンスを磨きたい方
  • 他ではできないキモノ体験をしてみたい方
  • 大人になっても思いっきり遊びたい方
  • 自分にピッタリの小袖ドレスがほしい方
  • 自分には着物は似合わないと思っている方  etc.
  • ひも2本で着られる小袖ドレスを体験してみたい方

少人数で、自分自身を楽しみ、
新しいファッションを楽しみ、
響き合いを楽しむ、時空間

小袖ドレスをたくさん羽織ってみる体験、
同じ小袖ドレスが
人によって全く違うものに見える体験、

反物を見て気にいった物が似合うことは少ない体験、
誰かがピタッとはまる1枚を見つけた瞬間の感動など

いつもと全く違う、
気の流れている場に参加するだけで
あなたの中の天性や天才が目覚めるきっかけになります。

小袖ドレスをふわっとまとって、
キュッと腰ひもを締めて、細い帯を巻いて
鏡に向かうと
キラキラとした目をした

ピンクに紅潮した頬の魅力的なあなたが映っています。 

次々と着替えていくと次々と新しい魅力を発揮するあなたに出会えます。 

あなたにピッタリの1枚がみつかったら
購入することもできます。

小袖ドレスを通して
日本のすばらしい技術・センスに触れる

小袖ドレスは
100に一つの割合でしか存在しない
エネルギーの高いシルクのビンテージ着物や反物から

手縫いで仕立てています。


日本のすばらしい織りと染織技術は世界一です。

質の高い伝統技術で作られた反物を仕立てた
小袖ドレスを身にまとうと

なんとも懐かしいエネルギーに包まれます。


同時に、新しいエネルギーが

体の中に回っていく不思議な感覚があります。

どこに行っても
ステキですね、カッコイイですね、
と、注目の的、
出会う人達から丁寧に扱われ
セルフイメージがぐんぐん上がります。

開催概要

小袖ドレスdeブレイクスルーWS
7/18(日)@東京
日 時 2021年7月18日(日) 
15:30〜20:30

※7月20日から日程が変わりました。
会 場 〒162-0851 
東京都新宿区弁天町143-5 1階
つぶつぶメインホール 風の舞う広場
アクセス 都営大江戸線「牛込柳町」駅徒歩5分
地下鉄東西線「早稲田」駅徒歩10分
詳しくはこちら
講 師 大谷ゆみこ
内容 ・色とりどりの小袖や帯を自由にまとうフリー試着タイム
・ゆみこの非売品の小袖ドレスを着る体験
・小袖ドレスの簡単で美しい着方レクチャー&レッスン
・日本の歴史からみる「なぜ?小袖ドレス」レクチャー
・未来食つぶつぶ弁当&お抹茶でまったりブレイクタイム
参加費用

◾️一般価格
50,000円(税込55,000円)

◾️つぶつぶ会員(WS初参加)
30,000円(税込33,000円)

◾️つぶつぶ会員(WS再参加/小袖ドレス所有者)
10,000円(税込11,000円)

*つぶつぶお弁当、お抹茶&お菓子付き

《WS参加者限定特典》
小袖ドレスが購入できます。
さらに、初回購入に限り【2万円割引】

また、次回以降WSに、参加費10,000円で参加できるようになります。

※小袖ドレス購入時には、つぶつぶ会員への入会が必須となります。つぶつぶ会員についてはこちら

※小袖ドレスの試着の際に、Tシャツ襦袢が必要になります。(一般の着物の襦袢は不可)Tシャツ襦袢をお持ちでない方は、貸し出しします。レンタル料1,000円(税込)を当日現金でお持ちください。

問い合わせ つぶつぶエンジンルーム
電話:03-3203-2090
  (平日11:00〜18:00)
FAX:03-3203-2091
メール:kosodeproject@gmail.com
問い合わせ つぶつぶエンジンルーム
電話:03-3203-2090
  (平日11:00〜18:00)
FAX:03-3203-2091
メール:kosodeproject@gmail.com

\WSだけの参加特典!/

小袖ドレスdeブレイクスルーWSに参加すると
小袖ドレスを購入することができます。
(※一般販売はしていません)
さらに、初回購入に限り
【2万円割引】
ご購入いただけます。
もちろん、小袖ドレスの購入は、必須ではありません。一度WSに参加すると、次回以降、参加費10,000円(税別)で再参加できるので、何回も小袖ドレスの試着を楽しむことができます。

お申込みはこちらから

和の未来服「小袖ドレス」は
日本文化を軽やかに身にまとって楽しむ
新しいファッションの提案です。


女性の体をシンプルにしなやかに包むキモノ

洋服と同じ感覚で楽に着られて、美しいキモノ


ドレス感覚で着られてパーティー着になるキモノ


そんなキモノをずっと探していました。

無いなら作ってしまおう。
そう思い、1枚1枚楽しく作っては、工夫を重ねているうちに
私の心がときめくキモノが生まれました。

それが「小袖ドレス」です。

私自身のために生み出した小袖ドレスですが
すでに100人近い女性たちが
セルフイメージを大きく飛翔させてくれる
1枚に出会って楽しんでいます。

ああ、これ、という1枚をまとったとたんに
別人のあなたが現れます。

色が白くなり、瞳も顔も全身も輝くのです。

何度も着られて、その魅力を発揮し、
何十年も変わらない魅力であなたを包んでくれます。 

日本女性として凜と立つ
和のパーティードレスです。

小袖ドレス考案者
大谷ゆみこ

小袖ドレスdeブレイクスルーWSに
参加した方の声

初参加
もぉ〜、ときめきました。どれも1つ1つがうっとりするように素敵でした。

WSで初めてきちんと説明を聞いて、自分の思っていた日本の印象がガラッと変わり、日本人として生まれて良かったと感動しました。とにかく沢山着てみる体験は、ただただ楽しくはしゃいでしまい、小袖ドレスに恋していました。着物は自分の顔立ちや体型には似合わないと思っていましたが、皆さんに褒めていただ、素直にうれしかったです。思いがけない色が似合って、それを洋服にはない発見でした。自分の中に眠っていたものがわぁーっと沸き上がってきて、ワクワク、こんな風に楽しいことに焦点を置いて生きればいいんだ、と改めて思いました。(佐藤有美さん)

初参加
だからワークショップなのか!

色々な布地、帯に囲まれて、それをいくらでも着られる贅沢さにクラクラしながらとても楽しい時間を過ごせました。みんなで一緒に盛り上がりながら選ぶのも楽しく、未知の発見がたくさんあって、だからWS(ワークショップ)なのか!!と納得。おいしいつぶつぶランチを食べながら、小袖ドレスの世界にどっぷり浸かって、お互いほめあって、ドキドキワクワクうれしい楽しい!!がどんどん広がって。和のめくるめく世界を知ってしまった!こんなに楽しいなんて!!日本女性の一番おいしいところを味わえたな~と思いました。(Kさん)

初参加
こんなに楽しいイベントだとは、想像してませんでした。

今日は気に入った小袖ドレスが見つかって嬉しかったです!こんなに楽しいイベントだとは、想像してませんでした。みなさんそれぞれ個性が光る、生かされる小袖ドレスが違って興味深かったです。それぞれの小袖ドレスや反物が持つ気や存在感が違うので、いろんな響きや波動を感じることができて貴重な体験でした。(齊藤智子さん)

初参加
自分にピッタリのものを着た瞬間に、明るいオーラが出て、心まで軽やかになった

小袖ドレスには憧れるけど、まだ自分にはいいかなという思いもありましたが、思い切って参加しました。上質な衣を身にまとい、美しい帯をきゅっとしめると体の軸がととのって、とても気持ちが良かったです。さまざまな小袖ドレスを着てみて、自分に似合うもの、そうでないもの、いろいろわかりました。自分にピッタリのものを着た瞬間に、明るいオーラが出て、心まで軽やかになったような感じがしました。自分だけなく一緒に参加した1人1人がいろんな小袖ドレスを試しているのを見るのもとても楽しく、小袖ドレスと帯の組み合わせでもたくさん遊べてすっかり時間がたつのを忘れて夢中になっていました。最終的に自分にぴったりのものに出会えてうれしいです。(池田美保さん)

再参加
小袖ドレスの高い波動を感じました。

ここに来て、小袖ドレスの数々に触れ、集まった仲間の心に触れて、心が軽くなっていく私を知りました。最後は、希少な小袖ドレスを身につけて頂いて、とても軽くなり、体重を測ったらきっと軽くなっているに違いないと思うほど、小袖ドレスの高い波動を感じました。自分に合う小袖ドレスとも出会わせて頂いてありがとうございます。(宮井マリさん)

再参加
小袖ドレスは、着ている方が"楽"なキモノ
2回目ですが、本当に楽しませていただきました。自分に合う春夏向けの小袖ドレスに出会えて、ハッピーなのはもちろんですが、皆さんがそれぞれに似合う小袖ドレスをまとっているのを見てハッピーが倍増です。着ている方が楽な"キモノ"を毎日でも着たいです。そんな私になれる気がします。とても良いエネルギーをいただきました。(清水真紀さん)
再参加
着るもので身体が変わることを実感!どんどん幸せに元気になっていきました。

2回目の参加でしたが、今回も本当に楽しかったです!!質のよい物を見てたくさん着てどんどん幸せに元気になっていきました。着るもので身体が変わることを実感できました。自分では選ばないものを選んでもらったり、他の人が着て似合っていたものが、自分ではしっくりこなかったりする意外性も楽しく、発見が多かったです。女性同士でわいわい盛り上がりながら、きれいなものを愛で自分の美しさを発見してく、こんな場がもっとあったらいいのに!と思います。また参加します♪♪ごはんもとっても美味しかったです!!(Kさん)

よくあるご質問

  • Q
    着物をほとんど着たことがありませんが、大丈夫ですか?
    A
    はい、大丈夫です。小袖ドレスdeブレイクスルーWSに参加する人は、ほとんど着物初心者です。ワークショップでは、着方のレクチャーもあります。
  • Q
    身長が高い(低い)のですが、小袖ドレスはありますか?
    A
    仕立て上がりの小袖ドレスは、S(身長152㎝〜158㎝用)、L(身長159㎝〜167㎝用)の2種類ですが、反物や着物から仕立てる場合は、自分にピッタリサイズで作ることができます。また、帯のいらないツインタイプは、フリーサイズです。
  • Q
    小袖ドレスはいくらで購入できますか?
    A
    販売に関する詳細は、お申込み後にメールでご案内いたします。
  • Q
    ワークショップに参加しなくても、小袖ドレスを購入できますか?
    A
    小袖ドレスは、ワークショップでのみ販売しています。
  • Q
    ワークショップに参加したら、小袖ドレスを購入しないといけませんか?
    A
    購入の義務はありません。試着してみたい、という方もお気軽にどうぞ。

お問い合わせ

つぶつぶエンジンルーム
FAX:03-3203-2091
メール:kosodeproject@gmail.com
ご不明点やご質問など、お気軽にお問い合わせください!
03-3203-2090
(平日11:00-18:00)

講師プロフィール

大谷ゆみこ

暮らしの探険家
未来食/天女の学び/小袖ドレス創始者
和語レッスン講師
つぶつぶ料理教室ネットワーク運営
株式会社フウ未来生活研究所CEO
一般社団法人 ジャパンズビーガンつぶつぶ(JVATT)創立者


1982年から生命のルールに沿ったおいしい「料理のデザイン」とワクワク弾む「心のデザイン」
という分野を開拓し先駆的な活動を続けている。
雑穀が主役の健康をもたらす、日本生まれのおいしい食システム「未来食」を提唱。

1995年に誕生した「未来食セミナー」のプログラムで、日本各地の何千という人びとに
家族ぐるみの健康と幸せのスキルを伝え続けている。

2008年から、女性の目覚めをサポートする天女セミナー&レッスンを運営。
未来食の手料理の魅力と技を伝える「つぶつぶ料理教室」を全国展開、本部は東京早稲田。
暮らしの拠点は広葉樹林と7色の雑穀畑に囲まれた「未来食ライフラボ/いのちのアトリエ@山形小国」。

日本ベジタリアンアワード第1回ビーガン賞、第2回大賞、第3回料理家グループ賞受賞。
『大人女子は人生を食で奏でる』『未来食7つのキーフード』『つぶつぶクッキングSTARTBOOK』
『ごはんの力』『野菜だけ?』など著書多数。
日本で2人目女性初の日本ベジタリアン学会認定マイスター。日本ベジタリアン学会理事。
近著は日本ベジタリアン協会代表の垣本充博士と共著の『ヴィーガン・完全菜食があなたと地球を救う』


\2019年11月発売!/
小袖ドレス〜日本文化を軽やかに楽しめる新しいファッションのカタチ〜
>>>Amazonはこちら

小袖ドレスのエッセイや、小袖ドレスに関する先行案内が届く無料メルマガはこちら